8ccbeb59


ヤマハは、東京モーターショーにてヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」を公開しました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク



「MOTOBOT」は新事業開発を手掛けるYamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valley Inc. が開発。ロボットによるアクセル、ブレーキ、シフトチェンジを操作することが可能であり、バイクを自力走行させることができる。サーキット走行を実現するべくロボットによる200km/h走行にも成功した。

停車や発進時には人力や補助輪等が必要だが、一度走り始めてしまえばコンピューターによる操作で転倒せず走行することができる。

運転がもっとも難しいバイクの自動運転を実現し、マリンジェットやスノーモービル等の乗り物に応用していという。

また、将来的にバレンティーノ・ロッシとの対戦を予定しているとのこと。

l_mn_151028yamaha_01
l_mn_151028yamaha_02
492403


ヤマハが制作した「MOTOBOT Ver. 1 / To ”The Doctor”, 親愛なるロッシへ」ではその走行映像も公開されました。
no title
1
2
3
4
5
6
8
12
13
14
15
最後はロッシとの対戦を匂わせて
16



近い将来、モータースポーツでロボットが人間に勝つ時が来るのかも知れません


スポンサードリンク
スポンサードリンク


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

おすすめ関連記事