01
スズキは、イタリア・ミラノで開催する EICMA2015 において、新型「SV650」と「GSX-R1000コンセプトモデル」を出品すると発表した。

スポンサードリンク
スポンサードリンク



新型「SV650」は、V型2気筒 645㎤エンジンを搭載したロードスポーツバイク。Vツインエンジンをベースに、新排出ガス規制「ユーロ4」(欧州仕様車)を満たし出力と燃費性能を高めた。

車重は「グラディウス(ABS仕様)」と比較して8kgも軽量化に成功。また、発進と停車を繰り返す市街地走行での操作性が向上する「ローRPMアシスト」、スタータースイッチを押し続けずワンプッシュでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」が採用されている。

新型「SV650」は2016年1月よりスズキ豊川工場にて生産を開始し、欧州・北米にて販売する予定。

2017-SV650

(via 2017 Suzuki SV650 First Look)




「GSX-R1000コンセプトモデル」は、MotoGPで培われた技術を採用。新開発直列4気筒1000ccエンジンは、吸気VVTやスズキ2輪車初となる電子スロットルなど、MotoGPレースで開発された技術を取り込んだ新機構「ブロードパワーシステム」を搭載している。

新開発のフレーム及びスイングアームにより、強度の最適化・軽量化を図った。また、空気抵抗を大幅に低減する為にカウリングも新開発し、走行条件に応じてモードを選択可能な「トラクションコントロール」を搭載。サーキット走行における有効な電子制御として「クイックシフトシステム」と「ローンチコントロール」を装備した。

suzuki-gsx-r1000-gsxr1000-2016-2017-l7-3
suzuki-gsx-r1000-gsxr1000-2016-2017-l7-1
suzuki-gsx-r1000-gsxr1000-2016-2017-l7-4
suzuki-gsx-r1000-gsxr1000-2016-2017-l7-6
suzuki-gsx-r1000-gsxr1000-2016-2017-l7-9
suzuki-gsx-r1000-gsxr1000-2016-2017-l7-10
suzuki-gsx-r1000-gsxr1000-2016-2017-l7-15
suzuki-gsx-r1000-gsxr1000-2016-2017-l7-16
suzuki-gsx-r1000-gsxr1000-2016-2017-l7-17
suzuki-gsx-r1000-gsxr1000-2016-2017-l7-18
suzuki-gsx-r1000-gsxr1000-2016-2017-l7-19


(via Suzuki announces all-new GSX-R1000 superbike at EICMA 2015)


スポンサードリンク
スポンサードリンク


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品


    おすすめ関連記事