K0000105591
国土交通省はスズキ「アドレス110」のリコールを発表した。リコール開始日は2016年4月20日。

リコール詳細

リコール開始日 : 2016年4月20日

該当車種数: 14001台

不具合の部位
①動力伝達装置(ナット)
②原動機(エアクリーナ)
③燃料装置(燃料ホース)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因:
①動力伝達装置において、ベルト駆動用のプーリの組付け方法が不適切なため、プーリの固定ナットの締付けトルクが不足しているものがある。そのため、走行中にナットが緩み異音が発生し、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、駆動力を伝えることができず走行不能に至るおそれがある。
②車両製造工程において、原動機エアクリーナ内部にボルトが混入したものがある。そのため、走行中の振動等により当該ボルトがスロットルボデーへ移動し、最悪の場合、スロットルバルブにはさまり、原動機の回転数が下がらないおそれがある。
③燃料ホースにおいて、継ぎ手部(クイックコネクタ)の嵌合作業が不適切なため、クイックコネクタが正しく嵌合していないものがある。そのため、嵌合部より燃料が漏れるおそれがある。

改善措置
①全車両、ベルト駆動用のプーリ固定ナットを規定トルクで締付ける。
②全車両、エアクリーナとスロットルボデーを点検し、ボルトを発見した場合は取り除く。
③全車両、燃料ホースの継ぎ手部(クイックコネクタ)を正しく嵌合する。

通称名(型式) / リコール対象車車台番号(シリアル番号)/範囲及び輸入期間
アドレス110(EBJ-CE47A)
CE47A-100016~CE47A-114653
平成27年2月24日~平成28年3月30日
14001台




1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品


1週間の人気記事