1004296
国土交通省は、KTM「1290 SUPER ADVENTURE」のリコールを発表した。(国土交通省)

スポンサードリンク
スポンサードリンク



リコール詳細

リコール開始日
平成28年11月11日

該当車種数
44台

不具合の部位
緩衝装置(ショックアブソーバ)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
電子制御式リヤショックアブソーバにおいて、制御プログラムが不適切なため、ショックアブソーバ圧縮時にラバーシール部に過大な油圧がかかり、オイルが漏れることがある。 そのため、そのままの状態で使用を続けると、ショックアブソーバが破損し、走行安定性を損なうおそれがある。

改善措置
全車両、リヤショックアブソーバを点検し、オイルが漏れていないものは、制御プログラムを書き替える。オイルが漏れているものは、リヤショックアブソーバ一式を新品に交換する。

通称名(型式) / リコール対象車車台番号(シリアル番号)/範囲及び輸入期間
1290 SUPER ADVENTURE(1290ADVV5949)
VBKV59405FM922916~VBKV59400GM939902
平成27年02月10日~平成27年12月11日
44台


13


スポンサードリンク
スポンサードリンク


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

おすすめ関連記事