神奈川県横浜市のバイクショップ「トライアンフ横浜北」が、店舗改装工事のため一時休業したまま夜逃げした問題。 現在は会社破産手続きを進めており、代理人の法律事務所が窓口となっているようだ。

BuzzFeed はこの問題についてトライアンフ・ジャパンに取材し、

広報担当者によれば、トライアンフ横浜北から同社に「閉店」の連絡はなかった。 しかし、代表者と連絡がとれない状況が続き、営業している実態も確認できなかったため、12月中旬に正規販売店リストから同店を削除した。店舗のスタッフは「自宅待機」の状態だという。 トライアンフモーターサイクルズジャパンは現在、トライアンフ横浜北の顧客のフォローに動いている。12月21日、把握している範囲の顧客に謝罪のメールを送り、サポートの相談窓口や代理人となる法律事務所を案内した。 今後、トライアンフ横浜北の顧客には、近辺にある正規販売店と連携して対応していく予定だという。 「代表者と連絡がつかず、すべてのお客さまはまだ把握できていません。時間がかかっても、お客さまになるべくご迷惑がかからない対応を検討しています」

としている。


スポンサードリンク
スポンサードリンク






a
b










c










スポンサードリンク
スポンサードリンク


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

おすすめ関連記事