76103210048
国土交通省は、ヤマハ「ギア」のリコールを発表した。(国土交通省)

スポンサードリンク
スポンサードリンク



リコール詳細

リコール開始日
平成29年1月18日

該当車種数
2,936台

不具合の部位
制動装置(後輪ブレーキケーブル)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
パーキングスタンド(後輪を接地させたまま車体を保持するためのスタンド)装着車の後輪ブレーキにおいて、ブレーキケーブルの組付け作業が不適切なものがあり、ブレーキレバーの遊びが早期に大きくなることがある。そのため、ブレーキレバーを深く握らないとパーキングスタンドが下ろせなくなり、ブレーキケーブルが過度に引っ張られ、最悪の場合、当該ケーブルが切れて後輪ブレーキが利かなくなるおそれがある。

改善措置
全車両、後輪ブレーキケーブル及び後輪ブレーキレバーを新品と交換する。

通称名(型式) / リコール対象車車台番号(シリアル番号)/範囲及び輸入期間
ギア BX50S(JBH-UA06J)
UA06J-394051~UA06J-404217
平成26年3月14日~平成27年2月28日
1,440台

ギア BX50S(JBH-UA07J)
UA07J-001101~UA07J-012808
平成27年3月11日~平成28年3月30日
1,496台


51


スポンサードリンク
スポンサードリンク


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイクの掲示板


バイク人気商品


    おすすめ関連記事