20151029_news_tr06
国土交通省は、トライアンフ「T120」のリコールを発表した。(国土交通省)

スポンサードリンク
スポンサードリンク



リコール詳細

リコール開始日
平成29年2月15日

該当車種数
252台

不具合の部位
加速装置(スロットルグリップ)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
スロットルグリップとバーエンドの隙間が不足しているため、グリップヒーターを使用すると、スロットルグリップが熱膨張してバーエンドと接触することがある。そのため、スロットルグリップの動きが悪く、最悪の場合、スロットルグリップが自動で戻らず、エンジンの回転が下がらなくなるおそれがある。

改善措置
全車両、ハンドルバーとバーエンドの間にスペーサーを追加する。

通称名(型式) / リコール対象車車台番号(シリアル番号)/範囲及び輸入期間
T120(EBL-HJ1200)
MTDAD74GDG746159~SMTDAD74GDG776154
平成28年2月26日~平成28年6月13日
252台

47


スポンサードリンク
スポンサードリンク


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

おすすめ関連記事


バイク人気商品