indian-chief-vintage-14_800x0w
国土交通省は、インディアン「Chief Vintage」「Chief Classic」「Chief Dark Horse」「Springfield」「Chieftain」「Chieftain Dark Horse」「Roadmaster」のリコールを発表した。(国土交通省)

スポンサードリンク
スポンサードリンク



リコール詳細

リコール開始日
2017年4月7日

該当車種数
143台

不具合の部位
燃料供給装置(燃料ホース)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
燃料ホースの取付けが不適切なため、当該ホースが燃料タンクやエンジンと接触しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、燃料ホースが損傷し、最悪の場合、燃料が漏れ火災に至るおそれがある。

改善措置
全車両、燃料ホースを点検し、燃料ホースが接触している場合は、新品と交換する。また、適切にホースが取り付けられているか確認するためのステーを取り付けるため、警音器の形状を変更したものに交換する。

通称名(型式) / リコール対象車車台番号(シリアル番号)/範囲及び輸入期間
Chief Vintage(CCV)
56KCCVAA0E3312327〜56KCCVAAXG3329753
平成25年7月25日〜平成28年4月5日
56台

Chief Vintage(CCV)
56KCCVAA0E3312327〜56KCCVAAXG3329753
平成25年7月25日〜平成28年4月5日
56台

Chief Classic(CCC)
56KCCCAA9E3311813〜56KCCCAA4G3333799
平成27年7月25日〜平成28年3月10日
19台

Chief Dark Horse(D)
56KCCDAA7G3324083
平成27年2月24日
1台

Chief Dark Horse(CCD)
56KCCDAA0G3329626〜56KCCDAA9G3323078
平成27年5月11日〜平成28年8月25日
9台

Springfield(THA)
56KTHAAA1G3335676
平成28年3月10日
1台

Chieftain(TCA)
56KTCAAA0E3311767~56KTCAAA9G3331700
平成25年7月25日〜平成28年8月25日
35台

Chieftain Dark Horse(TCA)
56KTCAAA1G3341394~56KTCAAA9G3331700
平成28年8月25日
2台

Roadmaster(TRA)
56KTRAAA0F3320906~56KTRAAA9G3335065
平成27年2月24日~平成28年12月15日
20台


41


スポンサードリンク
スポンサードリンク


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイクの掲示板


バイク人気商品


    おすすめ関連記事