sixty2-dett-1_img
国土交通省は、DUCATI「スクランブラー」シリーズ7車種のリコールを発表した。


リコール詳細

リコール開始日
2017年5月31日

該当車種数
1,958台

不具合の部位
サイドスタンド(ピボットボルト)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
サイドスタンドにおいて、当該スタンドとサイドスタンドブラケットを締結するボルト(ピボットボルト)の選定が不適切なため、規定トルクで締め付けても締結力が不足し、走行時の振動等により、ナットが緩むことがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、サイドスタンドの位置を検出できず、安全装置が誤作動し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある。

改善措置
全車両、ピボットボルトを対策品に交換し、規定トルクで締め付け後、安全装置が正常に作動するか確認する。

通称名(型式) / リコール対象車車台番号(シリアル番号)/範囲及び輸入期間
スクランブラー アイコン(EBL-K102)
ML0K102JAFT000001~ML0K102JAHT012159
平成27年5月8日~平成29年4月13日
803台

スクランブラー アーバンエンデューロ(EBL-K102)
ML0K102JAFT002871~ML0K102JAFT007844
平成27年5月18日~平成28年1月29日
127台

スクランブラー クラシック(EBL-K102)
ML0K102JAFT002866~ML0K102JAGT009774
平成27年5月18日~平成28年4月14日
156台

スクランブラー フルスロットル(EBL-K102)
ML0K102JAFT002866~ML0K102JAGT011765
平成27年5月18日~平成28年2月10日
209台

スクランブラー フラットトラックプロ(EBL-K102)
ZDMK102JAGB013088~ZDMK102JAGB017549
平成28年4月19日~平成28年7月12日
46台

スクランブラー イタリアインディペンデント(EBL-K102)
ZDMK102JAGB015539~ZDMK102JAGB019779
平成28年5月30日~平成28年11月24日
114台

スクランブラー シックスティ2(EBL-KA00)
ML0KA00AAGT000013~ML0KA00AAHT002128
平成28年2月8日~平成29年4月13日
503台


59


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品