11182BP520_A_L
スズキは、国土交通省に「GSX-R1000」に関するリコールの届出(国土交通省)を行いました。



リコール届出内容

リコール開始日
準備が整い次第

不具合の部位(部品名)
動力伝達装置(ドライブチェーン)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
エンジン制御コンピュータのプログラムが不適切なため、1速から2速への変速時にギアが2速に入らずニュートラルになった時に、スロットルを開けるとエンジンが空ぶかし状態となり、その状態でクラッチを切らずに2速に入れ直すと、動力伝達装置に過大な力がかかる。 そのため、ドライブチェーンが異常に伸び、最悪の場合、外れるもしくは切れて走行不能となるおそれがある。

改善措置の内容
全車両、エンジン制御コンピュータを、過回転防止制御を追加した対策品と交換する。また、ドライブチェーンの異常伸びの有無を点検し、異常伸びが認められた場合は、ドライブチェーン、エンジンスプロケット、リヤスプロケットを新品に交換する。 なお、改善措置用部品の準備に時間を要することから、使用者に不具合の内容を通知して注意喚起を行い、準備が整い次第、再度入庫の通知をする。

対象車車台番号/範囲・製作期間/台数
通称名(型式) : GSX-R1000(2BL-DM11G)
リコール対象車車台番号(シリアル番号) : DM11G-100014~DM11G-100301
範囲及び制作期間 : 平成29年7月4日~平成29年10月12日
対象車台数 : 287台


08



1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品