小選挙区選出の地元の衆議院議員へ働きかけ、二輪高速料金半額の実現を目指す署名活動が行われています。
現在、ETC二輪車の高速料金は軽自動車と同じ価格設定となっています。 現在の高速料金比率設定は、普通自動車が100ならば軽自動車は80で、自動二輪車80も軽自動車と同じ80です。 それを普通自動車の半額の50以下へ変えよう!という運動です。

高速の二輪2人乗りはOKになったものの、二輪の専有率や道路を痛める比率が軽自動車とは比較にならないほど小さいものであることを考えれば、これは極めて妥当な要請です。

国会各党ではオートバイに関して議員が協議する会が持たれています。名称は各党により異なります。
この署名が集められ、衆議院議員の各選挙区の事務所に届けられることにより、有権者の声が届き、動きやすくなることに違いありません。
ただ、今まで一切値下げはできないと国土交通省は言っていたのですが、2016年11月2日に行われた会議で、NEXCOから「できます」との回答を受けました。
この値下げ運動は反対意見がなく、成功すれば多くのライダーが受益者となるばかりか、現在は高速料金が高いという理由で利用しないライダーが大半であり安くなることにより利用者が増え高速料金並びにサービスエリアの利用も拡大し、経済効果も大きいと容易に予想できます。

http://2rinhangaku.jp/index.html

二輪高速料金半額化の署名フォームはこちらから




1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品