2018-07-29 19.51.12
2018“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレースの決勝レースは、19時30分に8時間のゴールを迎え、#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM(中須賀克行/アレックス・ローズ/マイケル・ファン・デル・マーク)が優勝を飾った。

#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMは2015年からワークス体制として復活。前日に転倒を喫した中須賀克行はその際に何らかの影響があったのか決勝レースは出走せず、アレックス・ローズとマイケル・ファン・デル・マークで8時間を走りきった。

最後はローズがアンカーを担当し、199周でチェッカーを受けた。見事#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMが鈴鹿8耐での4連覇を成し遂げた。

2位には#33 RedBull Honda with 日本郵便、3位には#11 Kawasaki Team GREENが続いた。

また、#5 F.C.C. TSR Honda Franceが総合5位に入り、EWCのシリーズチャンピオンを獲得。地元鈴鹿に拠点を置くTSRが悲願の世界王者となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000019-msportcom-moto



1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品