8d886bd6-s
米オートバイメーカーのハーレーダビッドソンは30日、アジアでの小型・軽量モデル投入や電動バイクの世界販売を柱とする経営計画を発表した。
アジア市場での販売拡大に向け、中小型のバイクの品ぞろえを増やす。22年までに最大2億7500万ドル(約300億円)超を投じて生産体制を整え、17年比で売上高を10億ドル伸ばす計画だ。

ハーレーは販売の6割を占める米国で二輪車市場が低迷し、業績が悪化している。インドなど成長が見込めるアジア市場の顧客を開拓するため、アジアの二輪車メーカーと提携して需要が大きい排気量250~500ccのバイクを開発する。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3359342030072018TJ2000/


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品