001_pic
ヤマハ発動機株式会社は、2017年に生産を終了したフリーライドプレイバイク「tricker XG250」を、排出ガス規制に適合させ9月20日より発売することを発表した。
「tricker XG250」は、「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合させながら、コンパクトな車体サイズ、軽快な走行性、個性的なスタイルを継承し、気軽に乗りこなせる扱いやすさを維持した。 新たな特徴は、
1)優れた環境性能と燃費性を実現するO2フィードバック制御のFI
2)蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスターなど。

カラーリングは、トリッカーの代名詞ともいえるオレンジのタンクにホワイトのタンクカバーを組み合わせた「ディープオレンジメタリック7(オレンジ)」と、マットブラックのタンクとフレームにマットチタンのタンクカバーを組み合わせ、シンプルながらもストリートイメージを強調した「マットブラック2(マットブラック)」を従来モデルと同様に設定した。

■メーカー希望小売価格
467,640円(税込)

https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2018/0828/tricker.html


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品