スズキは「Vストローム」「GSX-S750」「GSX-R1000」に燃料が漏れるおそれのある問題でリコールを発表しました。
20180305_news_vs10-680x510

リコール届出内容


リコール開始日
平成30年10月5日

不具合の部位(部品名)
燃料装置(Oリング)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
燃料ポンプ取付部のシール構造が不適切なため、燃料ポンプ組付時にOリングがねじれることがある。そのため、燃料タンクの内圧変動等によりシール性が損なわれ、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

改善措置の内容
全車両、燃料ポンプ取付部のOリング及び燃料タンクのベセルを対策品に交換する。

対象車車台番号/範囲・製作期間/台数
通称名(型式) : Vストローム(2BL-C733A)
リコール対象車車台番号 : C733A-100008~C733A-100915
範囲及び制作期間 : 平成29年4月21日~平成30年6月13日
対象車台数 : 908台

対象車車台番号/範囲・製作期間/台数
通称名(型式) : GSX-S750(2BL-C533F)
リコール対象車車台番号 : C533F-100009 から C533F-100628
範囲及び制作期間 : 平成29年3月16日 から 平成30年6月19日
対象車台数 : 620台

対象車車台番号/範囲・製作期間/台数
通称名(型式) : GSX-R1000(2BL-DM11G)
リコール対象車車台番号 : DM11G-100013 から DM11G-100633
範囲及び制作期間 : 平成29年7月4日 から 平成30年6月26日
対象車台数 : 620台

2018-10-19_16h10_32


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品