ヤマハは「トリシティ125」「トリシティ155」に冷却水が漏れるおそれのある問題でリコールを発表しました。
tricity_color_001_2018_004

リコール届出内容


リコール開始日
平成30年10月31日

不具合の部位(部品名)
原動機(冷却水ホース)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
ラジエターとリザーバータンクを繋ぐホース及びリザーバータンクのブリーザーホースの材料の配合量が不適切なため、当該ホースの耐久性が不足しているものがある。そのため、当該ホースが早期に劣化して亀裂が生じ、最悪の場合、亀裂部から冷却水が漏れるおそれがある。

改善措置の内容
全車両、ラジエターとリザーバータンクを繋ぐホース及びリザーバータンクのブリーザーホースを対策品に交換する。

対象車車台番号/範囲・製作期間/台数
通称名(型式) : TRICITY MW150A(2BK-SG37J)
リコール対象車車台番号 : SG37J-001002~SG37J-003795
範囲及び制作期間 : 平成28年10月13日~平成30年5月22日
対象車台数 : 2,750台

対象車車台番号/範囲・製作期間/台数
通称名(型式) : TRICITY MW125(2BJ-SEC1J)
リコール対象車車台番号 : SEC1J-002001~SEC1J-002570
範囲及び制作期間 : 平成29年11月10日~平成30年2月21日
対象車台数 : 560台

対象車車台番号/範囲・製作期間/台数
通称名(型式) : TRICITY MW125A(2BJ-SEC1J)
リコール対象車車台番号 : SEC1J-001001~SEC1J-001332
範囲及び制作期間 : 平成29年11月3日~平成30年4月30日
対象車台数 : 326台

2018-11-28_14h54_56


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品