ヤマハは「TMAX」が瞬間的にベルトが滑り加速不良となるおそれのある問題でサービスキャンペーンを発表しました。
tmax-d_color_001_2018_004

サービスキャンペーン詳細


サービスキャンペーン開始日
平成31年1月下旬

不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
変速ベルト駆動用セカンダリシーブ(固定側及び可動側)の表面処理が不適切なため、エンジン回転時に当該ベルトとセカンダリシーブの接触部が摩耗し、接触部の摩擦力が低下することがある。そのため、当該接触部に埃が付着すると、瞬間的にベルトが滑り、加速不良となるおそれがある。。

改善措置の内容
全車両、セカンダリシーブ(固定側及び可動側)を対策品に交換する。なお、当該シーブの交換に伴い変速特性が変わることから、プライマリシーブを対策品に交換し、変速特性を修正する。

対象車車台番号/範囲・製作期間/台数
通称名(型式) : XP530SA TMAX(2BL-SJ15J)
サービスキャンペーン対象車車台番号(シリアル番号) : SJ15J-000007~SJ15J-000896
範囲及び制作期間 : 平成29年3月2日~平成30年8月20日
対象車台数 : 110台

通称名(型式) : XP530DA TMAX(2BL-SJ15J)
サービスキャンペーン対象車車台番号(シリアル番号) : SJ15J-000017~SJ15J-000914
範囲及び制作期間 : 平成29年3月9日~平成30年9月5日
対象車台数 : 777台

YOUTUBEはじめました



1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品