pic_main_tricity125
ヤマハは、124cm3 BLUE CORE エンジンを搭載するフロント二輪の LMW モデル「TRICITY (トリシティ) 125」および ABS 装備の「TRICITY 125 ABS」のカラーリングを変更し2019年3月20日より発売すると発表しました。
新色は上質感のある「マットペールブルーメタリック2」で、LMWの魅力であるフロント二輪の軽快さを表現しています。なお、「TRICITY 125」および「TRICITY 125 ABS」のカラーリングは共通となり、ラインナップは新色に加え、従来の「TRICITY 125」で採用していた「ホワイトメタリック6」「マットグレーメタリック3」の3色展開となります。

生産はタイのグループ会社 TYM (Thai Yamaha Motor Co., Ltd.) で行います。

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
TRICITY 125:415,800円
TRICITY 125 ABS:453,600円

https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2019/0228/tricity125.html


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品