pic_main
ヤマハ発動機は、スーパースポーツモデル「YZF-R3 ABS」をマイナーチェンジし、6月10日より発売すると発表しました。

2019年モデルは、レースマシンイメージのスタイリングや定評ある走行性能に磨きを掛けました。主な特徴は、MotoGPマシン「YZR-M1」をシンボルとする新しいデザインを採用するとともに、1)エアロダイナミクスを追求したフロントカウルとスクリーン、2)乗りやすさとサーキットでの扱いやすさを両立した新デザインのタンク&タンクカバー、3)旋回時など良好な接地感に寄与する倒立式フロントサスペンション、4)快適でスポーティな走りにフィットするライディングポジション、5)視認性の高いフル液晶メーター、6)LEDヘッドランプ採用のフロントフェイス、7)軽快なハンドリングに貢献するラジアルタイヤなどです。

pic_001
pic_002
pic_003
pic_004
pic_005
pic_006
pic_007

https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2019/0509/yzf-r3.html


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品