ヤマハは、「FJR1300」など3車種に燃料ポンプが雨水を含んだ燃料を吸い込んで加速不良となるおそれのある問題でサービスキャンペーンを発表しました。
fjr1300_price_2018

サービスキャンペーン届出内容


サービスキャンペーン開始日
令和元年7月9日

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
キャニスタのエアベントホース先端部の位置が不適切なため、雨天走行時に前輪タイヤが跳ね上げた雨水がキャニスタ内に浸入し、エンジン停止後、燃料タンク内が負圧になると、キャニスタ内の雨水が燃料タンク内にも浸入することがある。そのため、燃料タンク内の燃料ゲージの接点部が腐食して燃料計が誤表示したり、燃料ポンプが雨水を含んだ燃料を吸い込んで加速不良となるおそれがある。

改善措置の内容
全車両、キャニスタのエアベントホースを対策品に交換し、配索を変更する。 また、燃料タンク、燃料ポンプ、キャニスタを新品に交換する。

対象車車台番号/範囲・製作期間/台数
通称名(型式) : FJR1300A(2BL-RP27J)
サービスキャンペーン対象車車台番号 : RP27J-000832~RP27J-001667
範囲及び制作期間 : 平成28年6月3日~平成31年4月25日
対象車台数 : 398台

通称名(型式) : FJR1300AS(2BL-RP27J)
サービスキャンペーン対象車車台番号 : RP27J-000862~RP27J-001680
範囲及び制作期間 : 平成28年6月10日~平成31年4月24日
対象車台数 : 431台

通称名(型式) : FJR1300AP(2BL-RP25J)
サービスキャンペーン対象車車台番号 : RP25J-000059~RP25J-000119
範囲及び制作期間 : 平成29年2月6日~平成30年12月25日
対象車台数 : 61台


YOUTUBEはじめました



1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品