9dfd9_1186_cef47384_7c996e78
インドの電動二輪車メーカー、ブラックスミス・エリクトリック社が、レトロデザインの電動スクーター「B3」を発表しました。一見すると、映画『さらば青春の光』やTVドラマ『探偵物語』に登場したクラシックなVespa(ベスパ)のスクーターを連想しますが、搭載するモーターは定格出力5kW(6.8ps)、最高出力は14.5kW(19.7ps)というからなかなか強力。ベスパの中でもパワフルな200ccエンジンさえも上回ります。もし、日本に輸入されたとしたら、定格出力が1kWを超えるため、軽二輪(250cc以下のオートバイ)扱いになり、普通自動二輪免許が必要になります。オイルの混じった排ガスを出さないことはもちろん、96Nmもの最大トルクを発生することも、電動パワートレインのもう1つの特長でしょう。これは排気量1リッターの自然吸気エンジン並みの数字です。

27085_1186_54942805db0f0443f1f9466d31ea4989

バッテリーはNMC、つまり三元系のリチウムイオン電池を搭載します。容量は明らかにされていませんが、4時間でフル充電が可能とのこと。航続距離は「最大120km」。これも時速何kmの定速で達成できる数字であるかは発表されていないので、現実的な乗り方ではあまり当てにしない方がよいでしょう。地域によってはバッテリー交換ステーションを利用して、さらに長距離を走り続けることもできるようです。

9d2ae_1186_6c7b8f892d5c4d72798f9c5336a13f77

2020年に発売予定ですが、価格はまだ発表されていません。ちなみに参考までに挙げると、2018年末に発売されたベスパの電動スクーター「エレットリカ」は、欧州での販売価格が6390ユーロ(約75万円)となっています。ただし、最高出力4kW(5.4ps)に過ぎないので、動力性能の面から比べたらB3の敵ではありません。街乗りを主としても、ブラックスミス B3の方がストレスフリーに使えそうです(ブランドの威光はともかく)。

https://news.livedoor.com/article/detail/17010642/


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品