スズキは「アドレス110」のスタータモータによるエンジン始動ができなくなるおそれのある問題でサービスキャンペーンを発表しました。
1_l

サービスキャンペーン届出内容


サービスキャンペーン開始日
令和2年1月24日

不具合の内容
img01
スタータスイッチにおいて、接点の表面処理が不適切なため、スイッチ内部に水や塵埃が浸入した状態で使用を続けると接点が腐食することがあります。そのため、接点が導通不良となり、スタータモータによるエンジン始動ができなくなるおそれがあります。

改善措置の内容
img02
全車両、スタータスイッチを対策品に交換します。また、スタータスイッチのケース側にブーツが取り付けられていない車両にはブーツを追加します。

対象車車台番号/範囲・製作期間/台数
通称名(型式) : アドレス110(EBJ-CE47A)
改善対策対象車車台番号 : CE47A-100016~CE47A-131880
範囲及び制作期間 : 平成27年2月24日~平成29年8月28日
対象車台数 : 31,856台

通称名(型式) : アドレス110(2BJ-CE47A)
改善対策対象車車台番号 : CE47A-131892~CE47A-143718
範囲及び制作期間 : 平成30年2月9日~令和元年11月15日
対象車台数 : 11,756台




1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品


1週間の人気記事