カワサキは、「Ninja250/400」にABS機能が停止するおそれのある問題でサービスキャンペーンを発表した。
18EX250P_RD2DRF3CG_A

サービスキャンペーン届出内容


基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
フロント車速センサに接続されているハーネスにおいて、図面指示が不適切なため、配策ばらつきによりハンドルを大きく右に切った場合、ハーネスがコネクタ付近で強く屈曲し、ハーネスに負荷がかかるものがある。そのため、そのまま使用を続けると、当該ハーネスが断線し、ABS警告灯が点灯するとともにABS機能が停止するおそれがある。

改善措置の内容
全車両、当該ハーネスを補修用ハーネスを用いて修理し、クランプを追加して適正な位置に配策する。

対象車車台番号/範囲・製作期間/台数
通称名(型式) : Ninja250 (2BK-EX250P)
リコール対象車車台番号 : EX250P-A00121〜EX250P-A15690
範囲及び制作期間 : 平成30年1月10日〜平成30年12月10日
対象車台数 : 3,640台

対象車車台番号/範囲・製作期間/台数
通称名(型式) : Ninja400 (2BL-EX400G)
リコール対象車車台番号 : EX400G-A00121〜EX400G-A36556
範囲及び制作期間 : 平成30年1月10日〜平成31年2月25日
対象車台数 : 4,641台




1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP

バイク人気商品


1週間の人気記事