EnEfL4ZUwAAjZhJ

ヤマハ発動機は、水冷・4ストローク・DOHC・3気筒・4バルブ・890cm3エンジン搭載のスポーツツーリングモデル「TRACER9 ABS」および「TRACER9 GT ABS」をフルモデルチェンジし、欧州向けに発売すると発表しました。日本への発売は2021年春以降に予定している。

「TRACER9 ABS」は、“Multirole fighter of the Motorcycle”をコンセプトに開発。スポーツ性能とツーリングなど多用途に使える実用機能を磨きながら、軽量化技術を織り込み、同クラス最軽量級の車両重量を実現。また、新しい「TRACER」の世界を提唱するスタイリングを採用している。

「TRACER9 ABS」の新たな特徴は、1)トルクフルな新890cm3エンジン、2)軽量CFアルミダイキャスト製の新フレームと専用リアフレームおよびリアアーム、3)独自のSPINFORGED WHEEL(スピンフォージド ホイール)技術による軽量アルミホイール、4)IMUを活用した運転操作を支援する各種制御、5)機動性と機能性を表現したスタイリング、6)スポーツツアラーとしての快適性と機能性をさらに高める充実装備と車体構造など。

また「TRACER9 GT ABS」は、「TRACER9 ABS」をベースに、ツーリングの快適性を向上させた上級モデル。新たに、1)KYB製前後電子制御サスペンション、2)夜間走行でライダーの負担の低減を図るコーナリングランプ、3)ダンパー内蔵サイドケース用ステー、4)シフトダウンにも対応したQSS(クイックシフトシステム)、などが採用されている。

EnEiqrsVQAAiZtn
pic_002
EnEjZv7VoAAQjgi
EnEisstVEAEGy6q

https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2020/1118/tracer9.html


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP


1週間の人気記事