トライアンフは「ロケット 3R」「ロケット TFC」に後輪用ブレーキが効かなくなるおそれのある問題で国土交通省にリコールを届け出た。
triumph-rocket-4

リコール届出内容

リコール開始日
令和2年12月23日

不具合部位
制動装置(ABS モジュレーター)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
制動装置において、後輪用ブレーキシステム(ABSモジュレーター)にブレーキフルードを注入する工程が不適切なため、ブレーキシステムのフルード内に微量の気泡が含まれているものがある。そのため、ブレーキシステム内の気泡がブレーキキャリパーに移動し、後輪用ブレーキが効かなくなるおそれがある。

改善措置の内容
全車両、後輪用ブレーキシステムのエア抜き作業を行う。

対象車車台番号/範囲・製作期間/台数
通称名(型式) : ロケット 3R (2BL-YJJ2500)
リコール対象車車台番号 : SMTYBG11J5L979328〜SMTYBG11J5MAC9723
範囲及び制作期間 : 令和元年10月24日〜令和2年8月24日
対象車台数 : 147台

通称名(型式) : ロケット TFC (2BL-YJJ2500)
リコール対象車車台番号 : SMTYBG12J5L978634〜SMTYBG12J5L985365
範囲及び制作期間 : 令和元年10月8日〜令和元年11月13日
対象車台数 : 15台

111


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP


1週間の人気記事