ホンダは「CT125 ハンターカブ」にチェンジペダルアームが脱落するおそれのある問題で改善対策を発表した。
2200320-ct125_01

改善対策届出内容

改善対策開始日
令和3年10月15日

不具合部位
操縦装置(ギヤチェンジペダル)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
ギヤチェンジペダルにおいて、チェンジペダルアームの形状が不適切なため、チェンジペダルボスとの溶接部強度が不足しているものがある。そのため、変速操作を繰り返すと溶接部に亀裂が生じ、最悪の場合、走行中に当該溶接部が破損し、チェンジペダルアームが脱落して、他の交通を妨げるおそれがある。

改善措置の内容
全車両、対策品のギヤチェンジペダルと交換する。

対象車車台番号/範囲・製作期間/台数
通称名(型式) : CT125 (2BJ-JA55)
リコール対象車車台番号 : JA55-1000004~JA55-1020651
範囲及び制作期間 : 令和2年3月26日~令和3年8月15日
対象車台数 : 19,409台


fd


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP


1週間の人気記事

今週の人気記事

    先週の人気記事

      先々週の人気記事