BMWは「S1000RR」に走行不能に至るおそれのある問題でリコールを発表した。
s111

リコール届出内容

リコール開始日
令和3年10月21日

不具合部位
原動機(インテークおよびエキゾーストバルブ)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
原動機内のインテークおよびエキゾーストバルブにおいて、バルブの表面皮膜加工が不適切なため、バルブガイドが早期に摩耗することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、バルブガイドが摩耗することで異音が発生し、最悪の場合、バルブとバルブガイドが破損することでエンジンが停止し、走行不能に至るおそれがある。

改善措置の内容
全車両、シリンダーヘッド一式を対策品に交換する。

対象車車台番号/範囲・製作期間/台数
通称名(型式) : BMW S1000RR (2BL-S10AA)
リコール対象車車台番号 : WB10E2102LZJ96130〜WB10E210XLZJ97218
範囲及び制作期間 : 令和2年2月12日〜令和2年3月3日
対象車台数 : 123台

対象車車台番号/範囲・製作期間/台数
通称名(型式) : BMW S1000RR (2BL-S10AA)
リコール対象車車台番号 : WB10E2108L6D00432〜WB10E2109L6D09978
範囲及び制作期間 : 令和2年3月5日〜令和2年5月6日
対象車台数 : 67台


001428377_page-0001


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP


1週間の人気記事

今週の人気記事

    先週の人気記事

      先々週の人気記事