ホンダは「X-ADV」「NC750X」に発進時にエンストするおそれのある問題で国土交通省にリコールを届け出た。
xad

リコール届出内容

リコール開始日
令和3年11月19日

不具合部位
原動機(エンジン制御コンピュータ)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
6速DCT型自動変速機を搭載した車両において、エンジン制御コンピュータの燃料噴射制御プログラムが不適切なため、スロットルを素早く僅かに開けると、インジェクタによる燃料噴射量を正しく制御できないことがある。また、自動変速機制御コンピュータの発進時クラッチ油圧制御プログラムが不適切なため、発進時のクラッチ油圧が高いものがある。そのため、燃焼に必要な燃料噴射量が不足した際に負荷トルクが高くなり、最悪の場合、発進時にエンストするおそれがある。

改善措置の内容
全車両、エンジン制御コンピュータ及び自動変速機制御コンピュータを対策プログラムに書き換える。

対象車
通称名(型式) : X-ADV (8BL-RH10)
リコール対象車車台番号 : RH10-1000012~RH10-1000857
範囲及び制作期間 : 令和3年3月18日~令和3年9月23日
対象車台数 : 843台

通称名(型式) : NC750X (8BL-RH09)
リコール対象車車台番号 : RH09-1000025~RH09-1001019
範囲及び制作期間 : 令和3年1月28日~令和3年7月27日
対象車台数 : 733台

1_page-0001


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP


1週間の人気記事

今週の人気記事

    先週の人気記事

      先々週の人気記事