ヤマハは、「MT-09 SP」に走行中の速度や走行距離の表示が固定され変わらなくなるおそれのある問題でリコールを発表した。
mt

リコール届出内容

リコール開始日
令和4年2月2日

不具合部位
計器盤

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
デジタル式の速度計及び走行距離計において、計器盤内に組付けられたコンピューターのプログラムが不適切なため、走行中に速度や走行距離の表示が固定され、変わらなくなるおそれがある。

改善措置の内容
全車両、計器盤を対策品と交換する。また、計器盤を交換する際は、その時点の走行距離をメンテナンスノートに記録する。

対象車
通称名(型式) : MT-09 SP (2BL-RN52J)
リコール対象車車台番号 : RN52J-002058~RN52J-004542
範囲及び制作期間 : 平成30年2月12日~令和3年1月28日
対象車台数 : 1,982台

11


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP


1週間の人気記事

今週の人気記事

    先週の人気記事

      先々週の人気記事