ホンダは、「CBR1000RR-R」にオイルが後輪タイヤに付着して転倒するおそれのある問題でリコールを発表した。
1_l

リコール届出内容

リコール開始日
令和4年2月3日

不具合部位
原動機(オイルクーラーアウトレットパイプ)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
原動機において、オイルクーラーアウトレットパイプ樹脂ホース部の遮熱対策が不適切なため、1速ギヤの高回転域で先行の大型車等との車間距離が短い追従走行を行うと、排気管の輻射熱で当該ホースの表面部が溶融することがあります。そのため、そのまま使用を続けると、ホースに亀裂が発生し、エンジンオイルが漏れ、漏れたオイルが排気管に付着して発煙し、最悪の場合、オイルが後輪タイヤに付着して転倒するおそれがあります。

改善措置の内容
遮熱板を追加するとともに、オイルクーラーアウトレットパイプを新品に交換します。なお、改善措置用部品の供給に時間を要することから、使用者に当該不具合の内容を周知するとともに、1速ギヤでの走行に関する注意事項を案内し、準備ができ次第、交換します。

対象車
通称名(型式) : CBR1000RR-R (2BL-SC82)
リコール対象車車台番号 : SC82-1000009~SC82-1001485
範囲及び制作期間 : 令和2年3月31日~令和3年11月22日
対象車台数 : 1,474台

56


1001:以下、バイク速報がおすすめ記事をお送りします
News Pick UP


1週間の人気記事

今週の人気記事

    先週の人気記事

      先々週の人気記事